事務担当者から

少人数のメリットを
最大限に活かし、
病院全体で
「自由×積極性」を後押し

研修事務担当者

加藤 久典

Hisanori Kato

早くから患者様との信頼を築けるプログラム

研修医の定員が少ない当院では、そのメリットを最大限に活かせる環境づくりに取り組んでいます。
総合内科外来や10ヵ月の自由選択期間もその一例です。
総合内科外来では指導医の先生方の細やかな指導の下、早い段階から慢性疾患などの臨床経験を積むことができます。救急外来の研修はほかの病院でも珍しくありませんが、患者様の経過をみながら診察できるのは個別指導が叶う当院だから可能な研修です。
ほかの診療科のローテーション期間であっても、週1コマは2年間を通して診察していただきます。
総合内科外来を受け持つことで、外来での診察から入院、退院を経たあとのフォローまで継続的に患者様に関わることができます。診察を行ううちに「この先生に診てほしい」と指名されることも珍しくありません。研修医のうちから患者様とのこうした信頼関係が築けるのも、総合内科外来という当院ならではの研修プログラムの醍醐味だと思います。

 

スタッフ全員でベストな研修を追求

研修の進捗状況などについては、月に一度研修医と指導医の先生方、委員会スタッフが集まり、研修の振り返りや改善点などを共有する「研修委員会」という場で情報共有を行っています。お互いに忌憚のない意見を出し合いながら、改善の余地があれば前向きに検討していきます。
もちろん、少人数ということもあり委員会以外でも普段から指導医と研修医の先生方の間では密なコミュニケーションを実現しています。
興味のある手術や治療があれば診療科の垣根を越えて積極的に 経験できるなど、風通しの良い雰囲気が魅力です。
指導医の先生方はもちろん、横のつながりも強いため、コメディカルスタッフも含めた全員で研修医の先生の意志を尊重し、成長を見守っていこうとする気風があります。

今後のキャリアも見据え、全力サポート

当院の研修はシステマティックではない分、研修医の先生方のやる気次第で可能性が無限に広がっていきます。
こうした当院の「自由」と「積極性」を尊重するスタイルに魅力を感じてくださった方は、まずはお気軽に見学にお越しください。
初期研修は医師としての土台をつくる大事な期間です。
ミスマッチを防ぐためにも、ご来院の際はメリットだけでなくデメリットについても率直にお伝えしています。その結果、数ある病院の中から当院を選んでくださった先生方に対してはこの2年間はもちろん、その先も充実したキャリアを送っていただけるよう全力でバックアップしていきます。
まずは実際に足を運びホームページや資料だけでは伝わり切らない、当院の魅力・・・「自由×積極性」そして「でる杭はさらにだせ!!」をぜひご自身の肌で体感してください。