髙橋 亮也


経験が切り開いた将来への道

初期研修医1年次

髙橋 亮也

Akinari Takahashi

初期研修でも多くを経験できる

初期研修を2年経験するにあたって、3年目以降自分がどういう道に進んでいくか、何を専門にしていくかを考えましたが、その前に実際にいろいろ経験してみたいと思いました。やってみないとわからない領域が必ずあるだろうと。
私は北海道出身で、大学も北海道です。研修先を決めるにあたっていろいろな病院を回りましたが、名古屋徳洲会であれば病棟の処置から外科手術まで初期研修のうちからどんどんやらせてもらえるということで興味を持ちました。
自分のやりたいことが何でも自由に好きなだけやれる自由度の高さに魅力を感じましたし、学べる環境がしっかりと整っていて、楽しく充実して過ごせるのではないかと思い、この病院でお世話になることに決めました。

初期研修医インタビュー

自由であるがゆえの責任

実際に働いてみても、何でも自由にやらせてもらえるという印象は変わりませんでした。しかしただ自由というわけではなく、他の病院よりも研修医に任されていることも多いので、責任を持って取り組んでいくことが求められますね。
他の病院へ行った同級生の話を聞くと、病院によってはあまり仕事を任せてもらえないこともあるようなのですが、この病院では入院患者さんを主治医として担当したり外来を担当させてもらえます。
もちろん先生方に相談しながらではありますが、ある程度主体性を持ってできるので、そういう部分で責任の重さを感じます。そのような責任ある仕事を任されるというのは大変でもあり、またやりがいを感じられる点でもあります。
名古屋徳洲会は、目標であるとかやりたいことがしっかり定まってる人にとっては、そこに向かって突っ走っていくことができるとても良い環境です。
また私のようにどこに進もうか迷っていていろいろやってみたいと思っている人でも、指導医の先生方がしっかりとフォローしてくれますし、自分のやりたいように自由に積極的に学ぶことができます。

ひとつの命と向き合って

内科を回っていた時なのですが、外来を受診された患者さんが肺炎でした。そのときは比較的軽症だったのですが、食事が摂れないということもあって入院してもらうことにしました。
1週間ほど点滴で抗菌薬治療をした段階で退院できると考えていたのですが、入院当日から容態が悪化して、なかなか改善しない状態が続きました。その時もまずは自分で治療方針を変更するのか継続するのか検討し、上級医に相談するということを繰り返しました。
当初予定していたより入院期間は長くなってしまいましたが、退院のときににすごく感謝してもらって、そのことがとても印象に残っています。医師としての喜びを感じることができて、本当に貴重な経験をさせてもらいました。
学生のときは外科にも興味があったのですが、実際外科で手術に入って患者さんの術後管理なども関わらせていただいたり、また内科でも病棟管理を任せていただいたり様々な手技を経験して、今は内科に進もうと考えてます。やはり実際に経験できたことは大きかったですね。

医師としての責任を果たしたい

学生時代は基礎研究をしていたこともあって、勉強にバイトに忙しい毎日を過ごしていました。今でも休日に勉強したり、病院に来て患者さんを診たりすることもありますが、そんなにずっと働いているわけでもなく、同期と遊びに行ったりとか、オンオフしっかり分けてやっています。
医師というのは肉体的にも精神的にも大変な仕事ですし、好きじゃないと割に合わない仕事だと思っています。他人の人生を時に大きく左右してしまうこともあり、その責任の重さに押し潰されそうになってしまうこともありますが、逆にそのような場面に関わらせていただけることは有難いことだとも思いますし、命と向き合う責任の重大さを忘れないようにしたいです。
そして自分が進んだ専門分野に囚われることなく、幅広く様々な場面で医師としての責任を果たせるになれたらと思います。