山崎 陽平

日々成長できるよう
アンテナを広く張る

初期研修医1年次

山崎 陽平

Youhei Yamazaki

働きやすい雰囲気

研修先を決めるまでにいろいろな病院を見ましたが、この病院が一番雰囲気が良くて、働きやすそうだと感じました。スタッフに若い方が多いからかもしれませんが、みなさんが楽しそうに仕事している雰囲気を見学に来た時から感じていました。
実際に仕事をしてみても、働きやすい病院だと思いますね。この病院のコメディカルの方たちがとても優秀で、我々に対するフォローもとても充実していてやりやすいですし、本当にレベルが高いと感じます。
「研修医だから・・・」という否定的な雰囲気もなく、スタッフの一人として受け入れてもらっていると思います。そういった人間関係も実際に働いていくうえでは重要なポイントだと実感しました。
それにまずは目の前にあるタスクをしっかりとこなして、あとは自分のペースで学んでいけるので忙しすぎることもなく、バランスの良さを感じますね。

初期研修医インタビュー

アンテナを広げていく大切さ

救急を受け持ってある程度経験を積んでいくと、患者さんの最初の治療の方針まで研修医が立てるようになります。もちろん先生に相談したうえで決定するのですが、自分で考えることが求められるということですね。
あるときとても状態の悪い患者さんがいらっしゃって、先生と相談して投与する薬を決めたのですが、結果的には上手くいかなかったんです。
もっと強い抗生剤が必要だった、と後から分かったのですが、自分の選択が患者さんの命に関わるということを経験して、自由でやりがいもあるけれど、責任もついてまわると実感しました。
先生と相談して決めたうえでのことですし、何が悪かったということではなくて、自分に「この患者さん危なそうだな」と予見できるようなアンテナがあればと、日々の勉強の大切さを改めて学びました。

初期研修医インタビュー

常に誠実でいること

目指す将来像はまだ曖昧な部分もあるのですが、患者さんはもちろん、同僚であったりとか部下に対しても紳士的に対応できる人には人間的に憧れますね。
医者として働いていれば厳しい状況に直面することもあると思うのですが、どんな状況であっても誰に対しても誠実な医師でありたいです。
この病院の先生方は研修医に対しても丁寧に接してくださいますから、学生の方はまずは見学に来て、実際に自分の目で見てほしいと思います。
現場の雰囲気を感じてみないと分からないことが絶対にあると思うので。
人それぞれ合う合わないがありますから、見学でどこか感じるものがあってピンときた方に来てもらいたいなと思います。