総合診療科指導医 メッセージ

専門研修志望の方へ
総合診療科からの提案

プログラム統括責任者

総合診療科

松浦 博志

Hiroshi Matsuura

当科が総合診療科専門研修の中で獲得してもらいたいことは以下の二つに集約されます

時代や社会がどう変わっていこうとも生き抜いていける力をつけること
長い人生を通して継続できる楽しく豊かなライフスタイルをつくること

それぞれについてみていきます。


時代や社会が変わっても生き抜いていける力は、まず臨床医としての実力が基本になります

広い範囲を見る 深い世界を意識する
臨床の力をつけるためには主体的に積極的な医療介入をしていくことが必須です。
他科紹介が中心で隙間の領域だけを細々と見る総合診療では、生き抜いていける力はつきません。
多くのCommon diseaseにとどまらず、白血病などの血液疾患、神経変性疾患や自己免疫疾患など多様な領域に、深く、しかしながらしっかりと限界を踏まえて、積極的に取り組んでいくことが必要です。
最新の高度な医用機器、すべての部門の24時間即応体制という徳洲会ならではの恵まれたシステムは、積極的な医療介入を支えてくれます。
ひるまず、逃げず、その時その場で可能な最善の医療を追求する中で、本当の力をつけていくことができます。

Communicationで他者とともに
積極的な医療介入に必要とされるのは高いレベルでのコミュニケーション能力です
患者家族はじめ、専門分化した領域の医師や他職種の人たちとの良好な関係作りが必須になります。
このコミュニケーションを作っていく名人芸のポイントもしっかり具体的に指導していきます。

ネット時代を乗り越える
今もこれからも、ネット時代のなかで患者家族は自分たちの問題について、簡単に大量の知識を得ることができます。
自分の病気についてのマニュアルもガイドラインも読み込んでいる人たちが、私たちの前に座ります。
そんな中で医師としてどんな力をつけなければならないのか。
すべての医師に共通の大きな問題なのに、この問題の乗り越え方をほとんどの医師は理解していないように見えます。
名古屋徳洲会総合病院総合診療科では、プロとして認知され納得される力のつけ方を指導し、一生かけてそれに磨きをかけていく方法を身につけてもらいます。

遥かな高いレベルを目指して
上記を踏まえて人々の命を総合的に見ることを学んでもらいます。そのことが、単に病気を見るだけよりも高いレベルの医療を提供します。
「病気」ではなく「病人」を見る限りにおいて、その病気の専門部門よりも高いレベルの医療を目指しましょう。


長い人生を通して継続できる楽しく豊かなライフスタイルをつくることは何よりも大切なことだと私たちは考えています

OnとOffをしっかり分ける
そのためにまず問題になるのが合理的なワークライフバランスをどう作るかということでしょう
名古屋徳洲会総合病院総合診療科ではON とOFFをはっきりと分けた良質なワークライフバランスの確立を実践しています
勤務時間内は存分にフルに働きますが、夜間休日などオフの時間に、電話を含めコールされることはありません。

他者の力を気持ちよく
そのためには、医学常識にのっとって検査、アセスメント、指示出し、ICを的確に行い、当直担当者に困惑や負荷を与えないことが必須です。
それらの情報がコメディカルを含めた他者に負担なく伝わるように、しっかりと簡潔に要約され、わかりやすく記載されたカルテを作る義務を課しています。
当直医が一目見てわかるようなしっかりとしたカルテ記載をしない人は、この勤務時間外はコールも呼び出しもないという勤務スタイルからは外れてもらいます。

同僚と助け合う
休みは確実に取っていただきます。
法定の範囲で休みを取るのに当然ながら理由は不要です。
バックアップすることになる同僚のためにもわかりやすいカルテ記載が必要です。
仲間同士でもお互いにカバーしあって、仕事の質と量を落としません。

長期戦に負けない
仲良く楽しく、働くときは働き、休む時は休む。そのためにも、力を合わせることの大切さを身につけてもらいます。 
どんなに優れた人も、特に長期戦になれば、和気あいあいと協力し合う何人もの集団にはかないません。
カンファレンスや抄読会などは17時までの勤務時間内に終わるように設定してあります。 また勤務時間内に仕事を済ませさっさと帰ることを求めています。

勘違いをなくす
ところでカンファレンスや抄読会などは何のためにやっていますか。
教育をする プレゼン力をつける 知識を増やす 間違いや見落としを防ぐ…
これらはいずれも目指すべき本来の目的ではありません。 
カンファレンスや抄読会などは、なんでも言えてなんでも聞けて、みんなが仲良しになる世界を作るためにやるものです。この空間を作り出せたとき、その集団の力は最も高いレベルになります。

幸せな人生を築いていくために
なんでも聞けてなんでも言える空間を作り、他者を信頼することから、仕事を超えた自分の幸せづくりは始まります。
人の悪口を言わない、人の悪いところではなく良いところを探す、人と比較しない、常に今この瞬間から出発する…

名古屋徳洲会総合病院総合診療科で、毎日が厳しく楽しく納得のできる研修を作っていってください。