研修管理委員長 亀谷 良介

研修管理委員長

副院長/循環器内科

亀谷 良介

Ryousuke Kametani

チーム医療で、
“出る杭はさらに出る”
個性を育成

みなさんが「自由」と「積極性」を発揮できるよう、全力でサポートすることが私たち指導医の役目です。
その取り組みのひとつが総合内科外来研修。診察前の予習から治療方針の決定、診察後の振り返りまで一つひとつの治療や判断を研修医に委ねながら個性や積極性を伸ばしていきます。私たちはそれを“出る杭はさらに出せ”という言葉で表現していますが、当院の研修医に対する想いを少しでも分かりやすく伝えたいと考えています。
研修医1人ひとりの個性に合わせながら研修をサポートすることは、指導医にとっては非常に骨の折れる作業ですが、少人数制の当院だから実現できる研修プログラムです。

また、コメディカルスタッフとのチームワークの良さも当院の魅力のひとつです。より質の高い医療を目指そうと思っても、医師の努力だけでは限界があります。当院の症例数の多さは「すべては患者様のために」という同じ目標の下、チーム医療がうまく機能している結果だと思います。特に研修期間はコメディカルにサポートしてもらう機会が多々ありますが、スムーズな連携でストレスなく医療に専念できるはずです。

研修先選びに正解はありません。誰にとっても完璧な病院などなく、最適と思える研修先は人それぞれです。
当院を選んでほしいという気持ちはもちろんありますが、相性が合わなければお互いにとって幸せな結果は生まれません。初期研修の修了後、もし当院に残ることが本人にとってベストな選択ではないと判断すれば、一緒にほかの研修先を探すこともあります。まずは見学に来て、当院で活躍している自分の姿をイメージしてみてください。当院の気風に共感してくださった研修医の方にお会いできることを楽しみにしています。