前田 洋平

何でも経験!
科目の枠を超え幅広い症例と向き合う

後期研修医1年次

前田 洋平

Yohei Maeda

コメディカルや看護師も合わせて仲間意識が強い

研修は今2年目に差し掛かっています。研修医は同期と後輩にあたる1年目がいますが、コメディカルスタッフや看護師など含めてみんな仲が良いです。と言っても今のところプライベートで関わることはそれほどはないのですが。
でも考えてみれば、勉強会や症例研究で普段顔を合わせていることも多く研修医同士や後輩の学生との食事会もあり、病院として各種の研修にも積極的に参加しますので、普段の研修医生活自体プライベートのようなものといっても良いかもしれません。
みんなで一緒に食事をしたりするのですが、そんな関係作りも含めこれからのチーム医療に繋げることが出来ればと思います。

研修指導の先生方とは物理的にも精神的にもいつも近い距離に

普段指導していただく先生方との距離は他の病院よりもずっと近いと思います。
一般的に大きな病院では医局も各科目で別々ですし、研修医だけの研修室があって、研修医は全員そこに集まるような形となっている場合が多いのですが、徳洲会病院では医局が全部同じ場所にあって、どの科目の先生も同じ場所にいます。そしてその医局の環境も私ら研修医もベテランの先生方と同じように使わせてもらえます。
指導医の先生方とは物理的に近いだけでなく、疑問に思ったことがあれば何でもすぐに教えてもらえますし、意見も言いやすい、という精神的なコミュニケーション距離も近いと言えるのではないでしょうか。

内科にも外科にも柔軟に対応する地域医療の医師と同じ経験も

私は学生時代からの外科志望なので、指導医の先生と手術をしながら外科の勉強を中心に進めてきました。というのは、私は愛媛の地方出身なので将来は実家に帰って地域医療に携わりたいと考えているからです。地域医療、いわゆる町医師は内科も外科も両方こなしていかなくてはならないのですが、地方ではまず医師が少なく、とりわけ外科の医師がいない。そういった事情もあって、内科も外科も自由に研修ができて、早くから何にでもトライさせてもらえるこの徳洲会を選びました。
ここに来てから胃カメラや大腸カメラを触らせてもらったり、外来を研修で経験させてもらっています。地域医療の医師と同じことが体験できるというわけです。

内科も外科もバランスよく多彩な症例を経験できることは将来の財産に

個人的な視点から言えば、外科も内科も幅広く経験できることが何よりも将来の自分にとって必要だと思っていますので、それが出来る当院の研修は私にとって理想的な環境と言えます。他の病院では2年目以降しかやらせてもらえないようなことも、ここでなら意欲次第で何でも挑戦させて頂けますので私は外科の外来も内科の外来もどちらもやらせて頂いています。最近では内科寄りの考え方もするようになってきていて、以前は外科と内科が8:2ぐらいの気持ちでいましたけど、今は5:5もしくは4:6ぐらいになってるかもしれません。
研修の中でじっくり考え、本当に自分に合った方向へ向かっていきたいと考えています。

限られた研修期間で実戦経験を多く積むことが徳洲会のポリシー

昨年は週に2日間外科の外来と1日内科の外来というサイクルで、7か月間くらい外来をやらせてもらい、約2000名程度診させて頂きました。その経験は何よりも将来への財産になったと感じています。これほど早くから外来を、しかも外科も内科も経験させてもらえるのは、他の病院での研修にはないシステムなのではないでしょうか。任せて頂けることについて、責任も強く感じますが、指導医の先生方のフォローがしっかりしているので安心して挑戦出来ます。外科医も内科医も相互の科目がこなせるようにというのが徳洲会の方針ですが、積極的な姿勢と高い意識があれば本当に充実した研修が出来ると思います。