山内  博貴

専攻医3年次

山内  博貴

Hirotaka Yamauchi

明確な目的が、未来へと導く

愛知県内の他の病院で初期研修を受けて、名古屋徳洲会に来て2年目になります。専攻は心臓外科なのですが、私は子供の頃に心臓に疾患があって入院・手術を経験しているので、その時の経験やオペをしてくれた先生の影響を強く受けたのだと思います。
初期研修先を探して実家の近くの病院を見学したとき、その執刀医の先生と偶然再会することができて、この繋がりは大事にしなくてはいけないと感じているのですが、心臓外科であっても全身を診るのだから「外科の一般的な手技などは一通り学んだ方がいい」とアドバイスをいただいて、今は元の環境を離れて修行中というところです。
名古屋徳洲会に移ってからは外科も経験しておきたいと言って、半年間かけて廻らせていただいたのですが、そんな要望にも融通をきかせてくれる環境なんだなと思いました。
私の場合、職場の雰囲気というのはどこもあまり変わらない気がしていて、前の病院でも良好でしたし、ここの病院も悪くないと感じていますが、前の病院のほうが規模が大きかったこともあり、いろいろなタイプの方がいて、いろいろな教わり方をしていたように思います。

心臓外科というのは体力的にも精神的にもしんどいことが多く、人の入れ替わりが激しいという面もあるのですが、この病院は総長が変わらないので安定感があるように感じます。総長が撮られている術中の映像なども参考にさせていただいています。
ただ自由にいろいろ経験させてもらえる環境であっても、そこにはやはり主体性がないといけないと思います。
何か明確に目的を持っていないと日々に忙殺されてしまうので、私としては心臓外科の手術を任せてもらうことを目標に、医師としても一人の人間としても成長していきたいです。