横山 希生人

専攻医1年次

横山 希生人

Kioto Yokoyama

外科医として人として、きっちりとありたい

子供の頃からの夢である「外科医」。夢の実現に向けてこの名古屋徳洲会で研修を積み重ねてきました。
ここではただ知識や技術を持っている「外科医」になる為だけではなく、研修の時には様々な体験をする機会も与えられました。
実際にオペに入り技術的能力を向上させるだけではなく、ひとりの患者さんの主治医として最初の外来からオペに至り、更にその先までの長い期間で携わることができ、多くの学びを得ることができました。

ひとりの患者さんと向き合う事により、自分自身の知識・技術がより多くなっていくことでステップアップし自信がもてるのは嬉しいことです。
しかしそう感じると同時に、大きな責任感を負っていることも痛感しています。医者として病気を治すことは第一優先であり当然なことですが
それ以上に患者さんが何を求めているか、またそのご家族の想いも併せて汲み取る事が大切だと思っています。

医者である前にひとりの人間であること。医者としての知識を得ること以上に、病気を持つひとりの患者さんと真摯に向き合うこと、
これが今後の私のテーマであり幼いころから描いていた理想の外科医となるために必要なことだと感じています。