青山 栞奈

自分らしく、女性らしく、医師らしく

研修医2年次

青山栞奈

Kanna Aoyama

「でる杭はさらにだせ!!」の文化とは

大学4年生の時、臨床研修情報サイトのフェアに参加した際に名古屋徳洲会総合病院のパンフレットをいただきました。スローガンは「自由×積極性」「でる杭はさらにだせ!!」。その時からずっと当院が気になっていました。
私は両親の仕事の関係で10歳までアメリカにいたのですが、日本の教育システムは、どちらかというと、でる杭を叩かれる風潮があると感じていたので、それと逆行するような文化の病院ってどんな病院なのだろうと思いました。
6年生になり、見学に来た際、研修医がみな生き生きとやりたい事を好きなだけ研修していて、スローガンの意味を再認識させられました。
大学は島根県なので島根で研修することも考えていましたが、この病院で働きたい!と直感し、島根を出て当院に来ました。

初期研修医インタビュー

自由で垣根の低い環境

基本的に他の研修病院では、ローテーション内容がある程度決まっています。
最初に内科をローテーションし、その次に外科を・・・というのが自分の意思とは関係なく組まれていて、ちょっと学生の実習みたいですよね。
それが当院では「この診療科は何月にローテーションしたいです」と希望を出したり、ローテーション途中においてもすぐに診療科変更出来たり、圧倒的にカリキュラムが自由です。
研修医の希望を第一に考えてくださる環境だからこそ出来るシステムだと思います。
また、総合医局のため、上級医ともコミュニケーションが取りやすく、相談したい時はすぐに声を掛けることができます。
「この時のこの患者さんはこうしたほうがよかったよね」と1時間~2時間かけてレクチャーしていただいたこともあります。
垣根が低くとても風通しの良い環境です。

初期研修医インタビュー

経験できるからこそ、気づくこと

入職当初は外科系の診療科を考えていましたが、最近はどの診療科に進むか迷っています。
整形外科をローテーションした時には、初日に「じゃあやってみて」と手術で皮膚を切開するところから経験させていただきました。
現在ローテーションしている消化器内科では、胃カメラを鼻や口から入れて食道・胃・十二指腸を観察する最後までの行程をほぼ一人で出来るようになりました。
普通だったら研修医ではそこまで経験できない、ということも当院では経験できるので、どの科も楽しく魅力的で志望科に迷いが出てきてしまいました。
ただ何となく研修期間を過ごすのではなくて、どんどん自分から積極的に取り組むことで、志望科でなくとも様々な経験をさせていただくことができます。
最前線で経験することで初めて、自身の向き不向きを判断できるのではないでしょうか。

初期研修医インタビュー

優しく力強くリードできる医師に

同期の研修医には色々なタイプの人がいて、ゆっくり考えて行動する人や、まずは行動する人など十人十色です。診療方針も様々で、なりたい医師像も人それぞれです。
私は医師として常に細やかで、患者様の話をじっくり聞いてあげられる事が大切だと考えていました。しかし、週1回の内科外来や救急外来など、患者様と多く接していくと、「もう少し引っ張ってほしい、叱ってほしい」と言われることもあって、優しいだけではダメだと気付きました。
患者様に寄り添いながら、時には強く引っ張ってあげられるような、そんな医師になりたいです。