倉田 陽介

様々な出会いを、
自らの成長へと繋げていく

研修医2年次

倉田陽介

Yosuke Kurata

大切な出会いに支えられて

大学5年生の時、一番最初にやった実習が呼吸器外科だったのですが、そのときにすごい衝撃を受けたんです。「これが手術か」と思いました。その最初の印象がとても強烈で、呼吸器外科に興味を持つようになりました。
出身大学がこの近くということもあって、大学6年の時には選択実習でこの病院の呼吸器外科に来たのですが、その時に感じた病院の雰囲気も良かったですし、自由だけれどその分自分で考えて行動しなければいけないというスローガンも、自分に合っていると思いました。
そして就活イベントで何度もお世話になっていた呼吸器外科の山下先生から声をかけていただいたこともあって、ここに来ることに決めたんです。
実際に働き出してからも、山下先生には研修医の振る舞い方とか、社会人としての基本から教えていただきましたし、本当にいつもお世話になっています。

初期研修医インタビュー

新たな一歩を踏み出したとき

研修では最初に呼吸器外科に行って、次に内科、精神科、整形外科を廻って、今は麻酔科です。必修の科と自由選択の科があるので、行きたい科は自分で選べますし、変更もできます。
私の場合も、最初の呼吸器外科の実習期間を延長しました。伸ばした分は自由選択の期間で調整するという形になります。
内科などでは自分の担当患者さんが決まっていて、その方を毎日管理するという流れでしたが
麻酔科ではその日に手術があれば行くという感じですし、科によってやることは全然違いますね。
整形外科を廻った時には、実際に自分で執刀させてもらう機会があったのですが、その時のことはやはり印象に残っています。
手術の場にいても実際はただ見ているだけとか、カメラを持って何の操作もしないとかもあるのですが、自分の手で執刀したときは、医者として新たな一歩を踏み出した実感がありました。
最初はすごく緊張して汗だくでしたが、全部で6、7回手術に入って、最後の方には「できるでしょ」といろいろ任せてもらえるようになりました。

初期研修医インタビュー

チームには垣根など存在しない

小学校、中学校とサッカーをやっていたこともあって、サッカー好きの同期と仲良くなって、公園で一緒に体を動かしたり、食事に出掛けたりもしています。自分にとっては同期の存在は大きくて、支え合い高め合っていける、とても良い仲間だと思っています。
この病院は医局が一つの部屋なので、同じ部屋の中にいろいろな科の先生方がいらっしゃって、困ったときにはその場ですぐ相談できますし、自由で各科の垣根がない、コミュニケーションがとても取りやすい雰囲気です。
私は最近、一日一個は絶対学ぼう、なにか収穫を得て帰ろうと意識しているのですが、先生方に質問しやすい環境にいられるということは、とても恵まれているなと思います。
大学病院などでは人間関係がギスギスしているなどということも聞きますが、この病院では派閥などではなくて、仲間という意識が強いのではないでしょうか。チームとして医療に当たるんだという病院の姿勢を感じますね。

初期研修医インタビュー

外科医の技術と人となり

私は仕事に集中するだけでなく、プライベートの時間も確保したいタイプなので、メリハリをしっかりとつけて、休日には仕事以外のことを楽しんで、リフレッシュするようにしています。
医者は失敗が許されない仕事なので、スポーツで体を動かしたり、自分なりに上手く発散して、仕事により集中して臨めるように心掛けていきたいですね。
そして外科医としては、とにかく手技とか手術の技術を上げていくことが目標になると思うのですが、それだけではなくて、患者さんとの接し方とかも大事だな、と思うようになりました。
呼吸器外科に副院長の可児先生がいらっしゃるのですが、手術のことに詳しいのはもちろん、温厚で優しくて患者さんからの信頼も厚いですし、人間性も素晴らしい方なんです。
そんな可児先生をお手本に、医者としても一人の人間としても成長していきたいです。