矢野間 紗稀

一分一秒の判断ができる麻酔科医を目指して、
ひとつひとつ真摯に

初期研修医1年次

矢野間 紗稀

Saki Yanoma

麻酔科志望で徳洲会へ

一般的に内科などではじっくりしっかり患者さんと向き合うことが多いと思うのですが、私の場合は一分一秒の判断を迫られる麻酔科で力を発揮できるようになりたいと思っていて、麻酔科志望でこの病院に来ました。
麻酔科というのは小児科の麻酔や心臓血管外科の麻酔、耳鼻咽喉科の麻酔内科の管理など専門性の高い分野も診なければいけないので、三年目以降の後期研修で行ける病院が大学病院くらいしかありません。
ですから初期研修先も大学病院を中心に探していたのですが、まずはファーストタッチなどをたくさんやらせてもらえるところもありなんじゃないかと、徳洲会のような病院で働かせてもらうのもありなんじゃないかと思ったんです。
研修先を決めるまでにはいろいろな病院を見学しましたが、半数以上は大学病院で市中病院は数えるほどしか行っていませんでしたが、偶然にこの病院がきっかけがありました。
今ではその出会いに感謝しています。

みんな優秀で一生懸命で

この病院に見学に来た時、研修医も含め医師やコメディカル、事務の方々が本当にいきいきと働かれているのがとても印象的だったのですが、実際自分が働いてみてもその印象はあまり変わらず、「みなさん、やりがいを持ってやられてるんだな」と感じます。
院長も良い病院にしていこうというのをずっとおっしゃっていて、病院全体としてどういう事ができるかを積極的に発信されています。みんなで一丸となって病院を良くしていこうという雰囲気を感じますね。
指導員の先生に限らず他の先生方にも相談がしやすいですし、基本的にみなさん優しくて接しやすいです。もちろん同期とも仲良いですよ。
みんなで食事に行ったりとか、誰かの家に集まってごはんを食べたり飲み会をしたりしています。
みんな優秀で一生懸命で、やる気があって。いい所に来たと思っています。

初期研修の今しかできないこと、今やるべきこと

今は三年目以降ではできないことをやらせてもらっていると思うので、そういう部分でやりがいを持ってやっています。「将来こういう事は出来ないんだ」と思ったらちょっと大変でも頑張れますし、毎日「今しかできないことを経験しているんだ」という気持ちで取り組んでいます。
救急が多いのは大変ですが、力がつくように思いますし、他の科もいろいろ回って勉強ができるのは本当に今だけなので、とても充実しています。
それにこの病院は心臓血管外科が強くて、心臓血管外科の麻酔に関しても専門の先生が揃ってるので、お食事中や休憩用のちょっとしたスペースみたいなところで挨拶したり、もちろん先生方から声をかけてくださることもありますし、
今のうちにいろいろなお話を聞きつつ、また集中治療の先生も最近来られた方なので、その先生ともお話できたらと思っています。

将来のビジョンを明確に

私は麻酔科志望ですが、心臓血管外科の麻酔とか集中治療とか、何か得意分野のある麻酔科医になりたいです。将来どうなりたいかというビジョンをしっかりと持って、ひとつひとつ真摯に取り組んでいっているところです。
私のように最初からこの科に行くぞと決めて研修に来ている人は、全体としては割と珍しいのかもしれませんが、この病院にはそういう感じで集まっている方が多いですね。
同期とも積極的に勉強会をやったりだとか、いろいろと苦労があったりもしつつも、目標はちゃんとあって「こういうことがしたい」というのを着実に実現されている方がまわりにたくさんいますので、お互い刺激しあって成長していきたいです。