田藏 昂平

当院なら
“理想”の医師になることができる

初期研修医2年次

田藏 昂平

Kohei Takura

研修1ヶ月で早くも5件の執刀を経験

色々な研修病院を見学しましたが、選択の基準は、自分の理想とする医師像に向かって早く成長できる病院であるということでした。全ての科のcommon diseaseを診ることができて、かつ自分の専門とする科のプロフェッショナルとして取り組める病院を探していました。名古屋徳洲会総合病院は研修医が週に1回、総合内科外来を担当するため、机上の勉強だけではなく実際に患者様を診ることでさまざまな科の疾患を勉強することができます。 救急車の搬送台数も多く、その対応に携わることで各科を万遍なく学べます。自分はまだ専門科を決めていませんが、手技のある科に進もうと思っております。患者様はどのような医師に診てもらいたいかと考えた時、腕のいい医師に診てもらいたいと考えると思います。当院では1年目のうちから手術の執刀をたくさんさせてもらえます。私は4,5月は整形外科の研修を行いますが、1ヶ月目で5件の手術を執刀させていただきました。もちろん上級医の先生の指導の元で行っておりますが、手術を終えた時の達成感は何にも代えられない大きな経験です。これを2年間続けることができれば早いうちに自立することができ、結果的に腕のいい医師になることができるのではないかと思いました。技術的なことを体得していくには出来るだけたくさんの症例に当たることが一番です。当院では意欲次第で手技のスキルをしっかり磨いていけますのでどんどん挑戦していきたいと思います。

研修メモ魔に徹し1度注意されたことは繰り返さない

研修では、1回言われたり注意されたことは、絶対に2回目以降はミスしないよう心がけています。学生時代に学んだことでも臨床では意外に知らないことも多いですし、学生時代に学べなかったことばかりが現場にはあります。医療の現場では1回注意されたことなのに2回目も同じことをしてしまうのは論外だと思います。僕たちの仕事は患者様の命を預かる仕事であり、1回目の失敗ですら許されないのに、2回目の失敗をするなんてありえません。だから、1度、上級医、看護師、コメディカルの方々に注意されたことは必ずメモを取り2回目のミスは絶対にしないように心がけています。

自由×積極性 自分にあった研修プランを

手技をたくさん行えることが当院の魅力の1つであり、その魅力に惹かれた研修医が当院には集まっています。
しかし、自分の科の専門知識だけをたくさん持っていて、他の科の疾患を知らないというのはいい医師とはいえないと思います。
先ほども書いたように当院では週に1回、総合内科外来を研修医が担当し、自分の判断で外来フォローしたり入院していただいて経過をみたりします。つまり外科研修をしていても、週に1回は内科系の患者様と接する機会があり、入院して治療している患者様には毎日お会いして、治療を行います。
実際に現在、整形外科で研修しておりますが、内科の患者様は常に3名ほど担当しております。研修期間を通じて、実際に内科の患者様を診ながら勉強する特殊なシステムが当院にはあります。
また自分の担当ではないときにERに行き、自分が勉強したいと思う症例の担当医になることができます。内分泌の勉強がしたければERのカルテを開き内分泌疾患の患者様の担当医になったり、外傷の勉強がしたければ外傷患者様の担当医になることができます。
もちろん自分にかける負荷は人それぞれです。自由×積極性のもと自分なりの研修プランを組み立てることができます。

安心して全てを任せられる!そう言われる医師に

将来は、色々な意味で患者様を安心させられるような医師になりたいと思ってます。
技術的な部分は勿論ですが、患者様とのコミュニケーションが最も大切だと思います。患者様のお話をしっかりと傾聴し、患者様の納得できる医療を提供できればいいと思っております。今はまだ働き始めて日数も少ないこともあり、患者様が来てもおどおどすることもたまにありますが、そんな自分の姿勢や態度を見ると患者様も不安になってしまうので、自分に自信を持って発言し、堂々と手術ができるような医師になりたいと思ってます。大変ではありますが、一歩一歩自分の夢に向かっているという実感があり毎日充実してます。